このネイル講座で、時間も費用も無かったネイル初心者が、自宅にいながら、ネイル検定3級にチャレンジし、ネイルケアから、フレンチ、マーブル、3Dアート、フットケア、ジェルといったサロンでしかできなかった技術までみるみる習得しています。

 ネイルアートwiki(歴史)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より

紀元前3000~4000年ごろの古代エジプトには、すでに爪に着色をする文化があったことがミイラなどで確認できる。 ヘナなどの植物性の染料を用い、位の高い人間ほど濃い色で着彩されていたとみられる。

18世紀頃のヨーロッパで現在のようなネイルアートが広まったとされている。 中国では唐の時代に楊貴妃が爪に染色を行っていた。日本には平安時代に伝来し、ホウセンカやベニバナの花の汁を用いて爪に色をつけていた。江戸時代には遊女が行っていた事が知られている。

イギリスやアメリカでは、19世紀から20世紀初頭までは、女性は爪を塗ることよりも磨くことを追求していた。透明で塗るとツヤが出るニスをラクダの毛の筆で塗る女性もいたが、大半は、色粉やクリームを爪に刷り込みピカピカにすることが主であった。

20世紀初期(1923年)にアメリカで、自動車用に速乾性ニトロセルロースラッカー(塗料)が開発された。その後、これを応用したものが、現在使われているマニキュアの起源である。


山田加奈監修の検定3級対策・ネイルアート・ジェルネイル講座

メニュー

ネイルアートwiki

ネイルケアwiki

ネイリストwiki

当サイトについて

Yahoo!ブッ目の下のくまークに登録